タバコやストレスは肌トラブルの原因に・・・

我が家のファミリーコラム > 美容 > タバコやストレスは肌トラブルの原因に・・・

タバコやストレスは肌トラブルの原因に・・・

肌の乾燥やニキビ、シミ、シワ、くすみなどの肌トラブルが起きないように、スキンケアに人一倍気を使っている女性は大勢いらっしゃいます。

高価な化粧品などを購入して、毎日、肌のお手入れに時間を費やして美肌を維持しようと努力しているわけですが、こうした外側からのアプローチだけでなく、体の内側からのケアも必要です。

例えば、タバコやストレスは、肌に大きな悪影響を与えて肌トラブルの原因になります。

ですので、体の内側からのケアとして、禁煙してストレスを溜めない健康的な生活習慣が必要になります。

タバコには、ニコチンという成分が含まれていますが、このニコチンはビタミンCやコラーゲンといった美肌に欠かせない成分を破壊するという悪い特性を持っています。

さらに、ニコチンはタバコを吸うことによって肺の細胞から血液中に入り込み全身を回ります。

ニコチンは血管を収縮させる作用もあり、収縮した血管は栄養素や酸素を送りづらくなり、前述の破壊と相まって皮膚が栄養不足になってしまいます。

次に、ストレスが肌トラブルを起こす原因ですが、その要因はたくさんあります。

しかし、大きな原因として挙げられるのが、活性酸素です。

活性酸素は、体の細胞を強力にサビつかせて、老化を促進する悪玉酸素のことで、適量であれば細菌を殺すなどの有益な働きをするのですが、量が増え過ぎると細胞を酸化させてサビつかせ、炎症を起こすなどして肌トラブルの原因をつくります。

活性酸素は、ストレスの他に、喫煙、激しい運動、紫外線などが原因で大量発生してしまいます。

本来は、この活性酸素を除去する働きが体の中に備わっているのですが、30歳代になると、この抗酸化力も低下してしまいます。

ですので、まずは、活性酸素が発生しないような生活習慣を身に付けるように心がけましょう。

http://www.shinkitahara.com/

そんな生活習慣が肌トラブルの予防になり、いつまでも美肌を維持できる体の内側からのケアになります。

 



関連記事

  1. タバコやストレスは肌トラブルの原因に・・・
  2. ミュゼで足脱毛をしようとしている友人に私が言った事
  3. テスト